茅ヶ崎市のお祭り、7月20日海の日は『浜降祭』です。

浜降祭 入水

こんにちは!湘南カイロ平塚治療室院長、諭です。茅ヶ崎は台風の影響も少なかったですね。このまま皆さん無事に週末をお過ごし下さい。

3連休最後の20日、海の日に茅ヶ崎市では大きなイベントがあります。

それは「浜降祭」です。

茅ヶ崎市には4大まつりと言われる大きなイベントがあります。

  1. 江戸時代の名奉行大岡越前守忠相公の遺徳を偲んで行われる祭り「大岡越前祭」
  2. スポーツ・飲食等の様々な催しが行われる「湘南祭」
  3. 神輿が砂浜を乱舞し、茅ヶ崎に夏を告げる「浜降祭」
  4. 茅ヶ崎海岸の夜空を彩る「サザンビーチちがさき花火大会」

 今回は「浜降祭」について少しご紹介します。

まずは祭典の進行です。

  • 午前4時頃 一番輿が祭典会場に入場(7時までに全部の神輿が順次入場)
  • 7時 浜降祭合同祭開式
  • 8時 神輿発輿(帰路へ出発)
  • 9時 終了 ※神輿が海に入るのは、入場時と祭事終了後の帰路へつく前です

続いては、見どころです。

見どころ1

神輿が海に入る「みそぎ」は5時~7時の入場時と式典終了時の8時から。
式典が始まると帰ってしまう人がいますが、まとまった神輿が海に入るのを見るには、お発ち(式典後一斉に神輿が動き出す)の後の8時過ぎの方がオススメ!
海の状態により、入らない時もあります。見れたあなたはラッキーです

見どころ2 「どっこい、どっこい」という掛け声は、相州神輿独特なもの。掛け声だけではなく、神輿を担ぐ時唄われる歌「茅ヶ崎甚句」が聞けることもあります。

見どころ3 神社によって神輿の担ぎ方が違うので、それを見比べるのも面白いです。また地域によって巻いているタオルの色も違うので注目してみて下さい。

見どころ4 神社を出発する前に暗がりの中で幻想的に行われる「宮出し」も欠かせません。近くに神社がない方はお願いして見に行く価値があると思います。

毎年近くで行われていても、中々見たことない方もこれを機に是非見に行ってみてはいかがでしょうか。伝統のお祭りならではの、興奮と感動を体験できると思います。

画像は住吉神社の「みそぎ」の写真です。画像提供で協力して下さったAさん、
いつもありがとうございます^^

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

茅ヶ崎市観光協会「浜降祭」

一般社団法人茅ヶ崎市観光協会
〒253-0041 茅ヶ崎市茅ヶ崎1-2-53
電話番号:0467-84-0377
ファックス:0467-84-0378
E-mail:eboshiiwa@msj.biglobe.ne.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

=========================

【平塚の整体マッサージ】湘南カイロ平塚治療室

〒254-0042
神奈川県平塚市明石町24-33 藤和シティコープ湘南平塚1F

平塚駅西口から徒歩4分、「銀座通り」バス停から徒歩1分です。

TEL:0463-86-6928
「ホームページをみて……」とお電話下さい。
《予約優先制 初めて方は1日2名まで》
まずはお気軽にご相談下さい。

受付時間
平日  9:00~19:00
土曜日 9:00~17:00

定休日 水曜日・日曜・祝祭日

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ