椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症 男性はじめまして、湘南カイロ平塚治療室院長の高木です。
私は指圧・マッサージの国家資格を取得した、筋肉治療のプロであり、
カイロプラクティックの認定資格を取得した、背骨と神経の専門家です。

また、湘南カイロ平塚治療室には様々な症状の方が来院されています。
私も12年間の臨床経験で、多くの患者さんと接する機会がありました。
この経験から、患者さんの身体に起きている様々な症状を取り除くには

「1つの原因・1つの視点」

だけにこだわってはいけないとわかり、それを伝えたいと考えています。

「どこに行けば自分の症状や痛みがよくなるかわからない」

あなたの悩みの解決する手助けになればと思い、今回は
【椎間板ヘルニア】でお悩みの方に向けて、当院の治療方針について
説明させていただきます。

椎間板ヘルニアと診断され、手術をしようか迷っている方は是非お読みください。

椎間板ヘルニアとは

腰痛の代表的な病名の一つに椎間板ヘルニアがあります。
へルニアは「突出」という意味で、椎間板ヘルニアは椎間板の中心にある
髄核と言われる組織が椎間板を破って飛び出し神経を圧迫する状態です。

背骨と背骨の間が狭くなり椎間板が突出し、
神経を圧迫して症状が出ていると考えられています。

しかし現在では、この椎間板ヘルニアは腰痛の原因ではない
というデータがあります。

1994年に米国連邦政府厚生省ヘルスケア政策・研究所が作成した、
成人の急性腰痛治療ガイドラインには、

腰痛の病歴のない62人の対象者のCTスキャンの診断で
40歳以下お対象者で、脱出した椎間板は平均して対象者の19.5%に発見され、
40歳以上の対象者では、平均して50%に異常所見がありました。

内訳は、

27%が『椎間板ヘルニア』
10%が『関節面肥大』
3%が『脊柱管狭窄症』

と診断されました。
また、腰痛の症状のない女性302人でMRIスキャンの診断で、
彼女らは腰部ではなく産科的な問題のためにスキャンを受けていて、

変性椎間板を
21~30才までの女性で34%
31~40才の女性で60%
70才の女性で95%

に発見されました。膨出した椎間板はMRIによって
84人の妊婦の11%、妊娠経験のない56人の女性で13%みつかっています。

また、健常者を対象にCTで椎間板を調べたところ20~27%、
MRIでも21~36%の人に椎間板ヘルニアが見つかっています。

他にも腰痛患者と腰痛の無い人を同じ人数MRI検査をしたところ、
どちらにも同じ位の『椎間板ヘルニア』『脊柱管狭窄症』『分離症・すべり症』
持っている人がいることが分かり、これらの病名は痛くない人にも
同じパーセンテージでいることから腰痛の原因ではないという結果が出ました。

これでお分かりのように、今まで椎間板ヘルニアが原因と言われていたのは
画像診断上のもので、臨床的には何も関係ないことが分かりました。
これで手術をしても治らない方や、再発や悪化する方が多いのもうなずけます。

腰痛の原因は必ずしも椎間板ヘルニアが問題ではありませんが、
ヘルニア状態になってしまったことに関してはある原因があります。
これからその原因を説明して行きます。

椎間板ヘルニア、原因は……

 

そもそも椎間板は背骨と背骨の間にあるクッションです。
重力がかかったり、動いたりした時にかかる背骨の負担を
椎間板が吸収してくれています。

なぜ椎間板が飛び出してしまうかというと、それは身体に歪みや筋肉の凝りが
あるからです。歪んだ身体や筋肉の緊張によって正しいバランスを保てなくなった
背骨は、それを補うように姿勢を悪くしてしまいます。

結果的に、本来は負担がかからない場所に強い負担がかかってしまい、
それを補うためにクッションの椎間板が突出してしまうのです。
そもそもの腰痛の原因は椎間板ではなく、身体の歪みや筋肉の凝りにあったのです。

さらに当院ではこの腰痛を4つのタイプに分類し、
それぞれに原因が違うことを発見しました。

当院の椎間板ヘルニアの施術方針

当院は腰痛の原因を病名では無く、患者さんが訴える症状、

1.お辞儀、かがむと痛い(屈曲タイプ)
2.腰を伸ばす、反ると痛い(伸展タイプ)
3.両方の症状がある(複合タイプ)
4.骨盤が傾いている(傾斜タイプ)

に分類しました。

この分類されたタイプと細かい検査を組み合わせ、

・筋肉の問題
・背骨の問題
・骨盤の問題
・皮膚の問題
・筋膜の問題
・ストレスの問題

など様々な可能性からあなたの腰痛の原因を特定し
あなたにあった最適な施術を選択する事で、早期の症状改善と
腰痛を再発させない為の身体づくりをします。

痛みの激しい場合で生活上、痛みの動作を繰り返さなければいけない時は
ある程度症状が治まるまでは週1~2回の施術をします。
ある程度動かせるようになってくれば週1回の施術になり、
痛みが無くなれば月1回の治療で状態は安定していきます。

そして大事な事は、日々の生活での注意とメンテナンスにあると思います。
どの様な症状も、始まりは小さな物です。ですが、それが少しずつ
積み重なる事で大きな不具合に繋がっていきます。

逆に考えれば、日頃から身体にとって良い習慣を積み重ねていけば、
それだけ健康で元気な生活が過ごせるという事に繋がっていきます。

湘南カイロでは施術を行うだけでなく、自分で簡単にできる
セルフケアを患者さん一人一人にお伝えできます。
月に1回のメンテナンスとあなたができる限りの範囲でのセルフケアを
少しずつ習慣にして、元気な身体を維持していきましょう。

マッサージや整体に通っていたけど、完治しなかった。
薬を飲んでも、何をやっても治らないとお悩みの方は、是非ご相談下さい。

自分が治るかどうか不安な方へ

腰痛 平積み

・病院で診断を受けているし、様子を見たい
・自分がどのタイプかはっきりわからない
・本当に湘南カイロで治療をすればよくなるの?

など、来院する前には考えることがたくさんあると思います。
薬と違ってすぐに試してみれるものでもないし、
椎間板ヘルニアはそもそも長い時間をかけて起きる状態なので、
1、2回で完治するものではありません。
当然、時間と費用もかかってしまいます。

もし来院する前に自分の症状に湘南カイロの治療があっているか
試してみたいという方は、湘南カイロ会長である父の著書、
「1日3分の自己療法で腰痛は治る」をご覧になってください。

その本に記されている、腰痛のタイプ分類とセルフケアをまず試していただき、
そこで少しでも楽になるようであれば、当院は必ずお役に立てます。
amazonでお買い求めいただけますし、当院でも販売しております。
その際、ご希望とお時間があれば、無料でカウンセリグをさせていただきます。

手術となれば長期で仕事や家事ができなくなってしまいます。
もちろん治療をしてすぐに腰の痛みや足のしびれが、
全てなくなるわけではありません。しかし、本に記された方法を
試して効果があれば、それだけでも生活に変化は起きてきます。

何か気になる点があれば、何でもご相談ください。

椎間板ヘルニアで来院された患者さんの声

当院に椎間板ヘルニアで来院された患者さんに頂いた感想をご紹介します。

同じように椎間板ヘルニアでお困りの方の参考になれば幸いです。

お気軽にご連絡ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ