膝痛

膝痛

はじめまして、湘南カイロ平塚治療室院長の高木です。
湘南カイロ平塚治療室には様々な症状の方が来院されています。
私自身12年の臨床経験で、多くの患者さんと接する機会がありました。

「どこに行けば自分の症状や痛みがよくなるかわからない」


あなたの悩みの解決する手助けになればと思い、今回は【膝痛】でお悩みの方に向けて、当院の治療方針について少し説明させていただきます。
お困りの方は是非お読み下さい。

膝痛とは

突然ですが、膝痛でお困りの方に一つ質問をさせていただきます。
今までこの様な事を言われた経験はありませんか?

・加齢が原因ですね
・骨の変形が原因ですね
・太り過ぎが原因ですね
・運動不足が原因ですね

耳が痛くなるほどこの言葉を聞いてきたと思います。
日常生活で脚を使わない日は一日だってありません。
立ち座りや歩く時、階段の昇り降りなど、一つ一つの動作
が困難になるのはとてもつらい事だと思います。

当院では膝痛の原因に上記4つは関連はないと考えています。
なぜなら……

・加齢が原因ですね
歳を重ねれば皆身体が痛くなる?60歳でマラソンを走る方もいます。

・骨の変形が原因ですね
レントゲンで変形が見つかっても痛みのない方、変形がなくても激痛のある方
もどちらもいます。

・太り過ぎが原因ですね
体重が増える=痛み?ならばあんなに激しく動くお相撲さんは皆膝痛ですか?
そんな事はありません。

・運動不足が原因ですね
現代人で充分な運動が出来ている人はそれ程多くありません。では皆膝痛ですか?
もちろんそうではありませんよね。

この様に考えると、膝痛の直接の原因ではなさそうだという事が
わかっていただけるかと思います。

つらい膝痛、原因は……

では何が原因なのでしょう。当院ではレントゲンでは写らない、
「筋肉の柔軟性」「関節の可動性」が問題だと考えています。

膝関節を構成する骨は大腿骨(太ももの骨)・膝蓋骨(お皿)・脛骨(すねの骨)
という三本の骨。その骨に、多くの筋肉が付着しています。
その筋肉一つ一つが連動して動くにより
曲げる・伸ばす・ひねるなどの動きを可能にしています。

しかし連続してその筋肉に使用する事で筋肉に負担がかかり
柔軟性が無くなる事で、動かした時に痛みが出るようになってしまいます
筋肉の柔軟性が失われると、曲げる・伸ばすなどの動きや
力が入らなくなったりすぐに疲れたりするようになってしまいます。

膝を構成する関節を連続して使用する事により可動性を失う事もあります。
その事で筋肉が関節固めてしまう、関節が筋肉を引っ張ってしまうなど、
筋肉と関節は膝痛に大きく関連しています。

また背骨の歪みが、神経の働きを悪くする事で、膝に痛みを出す
場合や治癒力を低下させてしまう場合もあります
その状態だと、筋肉・関節の原因が取り除かれても、症状が改善されません。

湘南カイロの膝痛の施術方針

筋力検査や、実際に痛みの出る動作を確認して
たくさんの筋肉の中から原因を探っていきます。

筋肉の問題が強ければ炎症が起きている事もあり、
背骨の問題があればその調整もしていきます。

痛みの原因は個人差があり様々ですが、その方に最適な施術法を選択します。

痛みの激しい場合で生活上、痛みの動作を繰り返さなければいけない時は
ある程度症状が治まるまでは週1~2回の施術をします。
ある程度動かせるようになってくれば週1回の施術になり、
痛みが無くなれば月1回の治療で状態は安定していきます。

そして大事な事は、日々の生活での注意とメンテナンスにあると思います。
どの様な症状も、始まりは小さな物です。ですが、それが少しずつ
積み重なる事で大きな不具合に繋がっていきます。

逆に考えれば、日頃から身体にとって良い習慣を積み重ねていけば、
それだけ健康で元気な生活が過ごせるという事に繋がっていきます。

湘南カイロでは施術を行うだけでなく、自分で簡単にできる
セルフケアを患者さん一人一人にお伝えできます。
月に1回のメンテナンスとあなたができる限りの範囲でのセルフケアを
少しずつ習慣にして、元気な身体を維持していきましょう。

マッサージや整体に通っていたけど、完治しなかった。
薬を飲んでも、何をやっても治らないとお悩みの方は、是非ご相談下さい。

・大好きな運動を諦めかけている方
・ランナーの方
・マラソン以降、膝の調子悪い方

ぜひ一度ご連絡ください。元気に動ける身体を取り戻しましょう。

 

膝痛で来院された患者さんの声

当院に膝痛で来院された患者さんに頂いた感想をご紹介します。

同じように膝痛でお困りの方の参考になれば幸いです。

お気軽にご連絡ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ