自律神経失調症

慢性疲労女

はじめまして、湘南カイロ平塚治療室院長の高木です。
湘南カイロ平塚治療室には様々な症状の方が来院されています。
私自身12年の臨床経験で、多くの患者さんと接する機会がありました。

「どこに行けば自分の症状や痛みがよくなるかわからない」


あなたの悩みの解決する手助けになればと思い、今回は【自律神経失調症】でお悩みの方に向けて、当院の治療方針について少し説明させていただきます。
お困りの方は是非お読み下さい。

自律神経失調症とは

今まで自律神経失調症で来院された患者さんからお話しいただいた症状を
まとめてみました。あなたも同じような経験があるのではないのでしょうか。

・頭痛がする     ・頭が重い
・耳鳴りがする    ・耳がつまる
・目の奥の痛み   ・目が疲れやすい
・喉のつまり     ・喉の圧迫感
・動悸         ・胸が苦しい
・めまい        ・立ちくらみ 
・のぼせ        ・冷え
・食欲がない     ・下痢   ・便秘   ・下腹部の張り
・手のシビレ、痛み、冷え、むくみ
・足のシビレ、痛み、冷え、むくみ
・汗が出やすい、出づらい 
・生理不順      ・きつい生理痛
・肩こり        ・関節の痛み
・疲れやすい    ・眠れない  ・フラフラする  ・起きるのがつらい
・不安になる    ・イライラする  ・怒りっぽくなる  ・集中できない

こんなにたくさんありました。細かく分ければもっと多くの症状があります。

一般的に自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経の2つから
成り立つ自律神経のバランスが崩れた場合に起こる症状の総称の事です。

日本心身医学会では、

「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では
器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないもの」

と、定義されています。
様々な症状で悩まされて病院にいっても詳しい原因はわからず、

「自律神経が乱れてますね。」

といわれ、薬を出されて飲んでみてもあまり変わらない症状。
つらかったですよね。この自律神経失調症の原因をお話しする前に、
まず自律神経がどの様な働きをする神経なのかを説明致します。

自律神経ってどんな神経?

「自律神経」とは

・血管
・リンパ腺
・内臓

など自分の意思とは無関係に働く組織に繋がる神経の事で、

・呼吸
・代謝
・消化
・循環

など自分の意思とは無関係で生命活動の維持やその調節を行い、
絶えず活動している神経です。

また筋肉にも分布をしていて、
曲げ伸ばしなど動かす時には「交感神経」を働かせ、
力を抜いたり緩めたりする時は「副交感神経」が働きます。

交感神経は脈拍や呼吸数の増加、体温の上昇などの反応を引き起こし、
身体を予想される激しい活動に備えた状態にします。

 

一方で副交感神経は、睡眠や休息を行う時に活性化し、脈拍や呼吸数の低下、
身体の弛緩など、身体をリラックスさせ、休息に適した状態にします。
睡眠や安静には、副交感神経の活動が必須です。

健康な状態では、これら相反する2つの神経活動の綱引きのバランスが保たれ、
身体は問題なく休息と活動のそれそれに適した状態に移行できます。

しかしなんらかの理由により、これらの神経活動の調和が崩れ、
休息し入眠したいのに交感神経が活性化し、異常な興奮や発汗で眠れなくなります。

また全く正反対に、副交感神経が過剰に活発化し、活動が必要な状況で
極端な無気力・無反応になるなどの症状が現れたものが「自律神経失調症」です。

人体ではおよそ12時間交代でこの二つの神経が入れ替わるとされていますが、
過労、ストレスなどで脳を休める時間が減ると自律神経が興奮し、
結果的に交感神経と副交感神経の優位入れ替わりのバランスが崩れ、
自律神経失調症となるとされています。

この神経のバランスはなぜ崩れてしまったのでしょうか。

つらい自律神経失調症、原因は……。

当院は、「身体の歪み」がこれら症状の原因と考えています。

・背骨の中通る脊髄という中枢の神経
・土台である骨盤
・軸となる背骨
・身体を動かす筋肉
・筋肉を覆う筋膜
・表面にある皮膚

これらの部位が歪むと、身体のバランスを不安定になり症状がでます。このバランスが不安定な状態は、交感神経・副交感神経を切り替えるスイッチに誤作動を起こす原因となります。

当院では身体全体を見て根本原因を探し出し、施術して症状の改善を図ります。
現代医学で原因が解らないのは、検査に出ないからです。

病院で検査には

・レントゲン
・CT
・MRI
・血液検査
・尿検査
・心電図

などがありますが、肩こりや疲れが取れない(慢性疲労・慢性疲労性症候群)
この様なものは検査ではわかりません。

レントゲンには筋肉(コリ)は写りませんし、最先端のMRIでもコリや疲労はみえません。
わからないから自律神経失調症と診断されるケースが多いのです。

頭痛、肩こり、めまい・・・等様々な症状のもので
この自律神経失調症という病名が付きますが、
女性だと更年期障害と診断される場合もあります。

そう言われると、もうしょうがないと諦めてしまいますよね……。
しかし、原因を特定し解決すれば、症状は改善していきます。

当院の自律神経失調症の施術方針

症状の激しい場合で日常生活に支障がある場合は
ある程度症状が治まるまでは週1~2回の施術をします。
症状の改善が見えてくればになってくれば週1回の施術になり、
痛みが無くなれば月1回の治療で状態は安定していきます。

そして大事な事は、日々の生活での注意とメンテナンスにあると思います。
どの様な症状も、始まりは小さな物です。しかし、それが少しずつ
積み重なる事で大きな不具合に繋がっていきます。

逆に考えれば、日頃から身体にとって良い習慣を積み重ねていけば、
それだけ健康で元気な生活が過ごせるという事に繋がっていきます。

湘南カイロでは施術を行うだけでなく、自分で簡単にできる
セルフケアを患者さん一人一人にお伝えできます。
月に1回のメンテナンスとあなたができる限りの範囲でのセルフケアを
少しずつ習慣にして、元気な身体を維持していきましょう。

マッサージや整体に通っていたけど、完治しなかった。
薬を飲んでも、何をやっても治らないとお悩みの方は、是非ご相談下さい。

自律神経失調症で来院された患者さんの声

 

当院に自律神経失調症で来院された患者さんに頂いた感想をご紹介します。

同じように自律神経失調症でお困りの方の参考になれば幸いです。

お気軽にご連絡ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ