筋膜・筋膜リリース

五十肩 女性

はじめまして、湘南カイロ平塚治療室院長の高木です。
湘南カイロ平塚治療室には様々な症状の方が来院されています。
私自身12年の臨床経験で、多くの患者さんと接する機会がありました。

今回、テレビや雑誌などでも紹介されている「筋膜」「筋膜リリース」とは
どういうものか知りたい、というお話をよくいただきます。
実際に患者さんを見ていると、筋肉や背骨の歪み以外にも症状の原因が
あるのがわかり、当院では筋膜リリースという治療を取り入れています。

その中でわかったことや、当院の考えを説明させていただきます。
お興味のある方は是非お読み下さい。

筋膜とは

「筋膜」は文字通り、筋肉を包む膜の事で、主にコラーゲン線維で出来ています。
筋肉はそれぞれひとつひとつですが、それを包む筋膜どうしはつながっていて、
ウエットスーツのように全身を包んでいます。

この筋膜のどこかでねじれが起きて硬く縮んでしまうと、
その場所やそこから離れた場所に症状が現れます。
痛むところばかりを治療して治らない場合は、筋膜を疑う必要があります。

まだ、ほとんど認識されていない痛みの原因は
筋膜をリリース(緩める)することで、症状が改善されます。

筋膜リリースとは

この筋膜リリースには2通りあります。

1つ目は痛みのある患部の筋膜が緊張している場合です。
これは当院で開発した筋膜リリースですが、
患部の筋膜に触れ、筋膜のねじれを緩める方向に筋膜リリースします。

これは背中以外でしたら、自分でもできる場所が多いので、
当院では筋膜リリースを自己療法としてアレンジしました。
この筋膜リリースを患者さんに自宅でもやってもらい
1日も早く痛みから解放されるよう、お教えしています。

2つ目は痛みが出ている患部に筋膜のねじれがない場合です。
この場合は全身のどこの筋膜が関係して痛みを出しているか分からないので、
当院では全身の検査をしてその原因を探し出します。
見つけた筋膜をリリースすることで離れた場所に出た症状が改善されます。

筋膜が原因と考えられる主な症状

腰痛
坐骨神経痛
頭痛
肩こり
めまい 

など、筋膜のねじれによる症状には色々なものがあります。

肩こり施術

例えば、五十肩や肩の痛みで腕をあげにくい場合、
肩周辺だけでなく手の平や腰の筋膜リリースで、
腕があがるようになったり痛みが消失します。

膝痛の場合も、骨盤の筋肉や足首周辺、腕の筋膜の
リリースで膝が曲がるようになったり痛みが消失します。

最近、器械を使った筋膜を緩める方法が出てきましたが、
器械と手では細部にわたる効果の違いが歴然です。

さらに、筋膜の上には皮膚、筋膜の下には筋肉があり、
これらが絡み合って出ている症状も多いので、
来院されて本当の痛みの原因を見つけ、
施術することが症状の早期改善につながります。

身体が発する痛みや症状は一つの原因で起こっている事の方が稀で、骨盤や背骨の歪み、筋肉やトリガーポイント、筋膜、皮膚などが原因で
起きています。これらの原因が一つでも残っていれば症状は完治しません。

さらに急性症状であれば、早期施術で数回で良くなるものが、
放置したり、骨格の施術やマッサージ、貼り薬、鎮痛剤では
上記の原因を解決できないので、慢性になり治りづらくなってしまいます。

急性、慢性に問わず、1日も早いご来院をお待ちしています。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ