脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症 男性

はじめまして、湘南カイロ平塚治療室院長の高木です。
湘南カイロ平塚治療室には様々な症状の方が来院されています。
私自身12年の臨床経験で、多くの患者さんと接する機会がありました。

「どこに行けば自分の症状や痛みがよくなるかわからない」


あなたの悩みの解決する手助けになればと思い、今回は【脊柱管狭窄症】でお悩みの方に向けて、当院の治療方針について少し説明させていただきます。
お困りの方は是非お読み下さい。

脊柱管狭窄症とは

近年画像診断の普及から、特に高齢者に多くつけられる病名の一つに

「脊椎管狭窄症」

があります。脊椎管狭窄症とは背骨の中の空洞の脊椎管に、
組織の硬化や靭帯性の要因により脊柱管が狭くなり、
立位時での腰痛や間欠性跛行が特徴です。

間欠性跛行とは、少し歩くと痛みが出てきてしゃがんで
腰を丸くすると症状が収まり、また歩けるというものです。
歩行する時はこの繰り返しになります。

原因は定かではなく加齢変化ということになっていますが、
加齢になったら全員がなるわけではないので、加齢が原因とは考えにくいです。

レントゲンの結果……

1994年に米国連邦政府厚生省ヘルスケア政策・研究所が作成した、
成人の急性腰痛治療ガイドラインには、腰痛の病歴のない62人の
対象者のCTスキャンの読影で40歳以下を対象者で、
脱出した椎間板は平均して対象者の19.5%に発見され、
40歳以上の対象者では、平均して50%に異常がありました。

その内訳は、

27%:椎間板ヘルニア、
10%:関節面肥大、
3%:脊柱管狭窄症

と診断されました。
また、健常者を対象にCTで椎間板を調べたところ、
20~27%、MRIでも21~36%の人に椎間板ヘルニアが見つかっています。

他にも腰痛患者と腰痛の無い人を同じ人数MRI検査をしたところ、
どちらにも同じ位の

椎間板ヘルニア
狭窄症
分離症
すべり症

を持っている人がいることが分かり、これらの病名は痛くない人にも
同じパーセンテージでいる事から腰痛の原因ではないという結果が出ました。

日本の腰痛ガイドライン

2014年、日本整形外科学会と日本腰痛学会は、腰痛の発症や慢性化に
心理的なストレスが関与していて、画像診断などでも原因が
特定出来ない腰痛が大半を占めるとの診察ガイドラインをまとめました。

重篤な脊髄疾患の兆候がない限り、全ての患者に画像検査をする必要はないとし、
腰痛があればまずエックス線で骨や神経の異常がないか
調べる現在の診療の在り方が変わりそうです。

日本では、腰痛の診療指針は初で、個々の医師の経験や勘で行われてきた診療を、
科学的な根拠に基づいて統一的に行うのが目的で、
2001年以降の国内の医学論文4000件から厳選した約200件を基に、
両学会の専門家が医師向けに策定したものです。

指針によると腰痛は発熱や胸部痛といった危険信号の有無で

(1)がんや外傷、感染症などの重い脊髄疾患が疑われるもの
(2)麻痺やしびれ、筋力低下など神経症状を伴うもの
(3)原因が特定できない非特異的腰痛

に分類することが重要としました。
非特異的腰痛は、いわゆるぎっくり腰やストレスが原因に
なっているものを含み、全体の85%を占めるとの研究があります。

指針の策定委員会のメンバーである福島県立医大の矢吹省司教授(整形外科)の話では、
患者が望む事もあり、現状では約8割で画像診断をするが、
痛むからといって、画像で原因が分かる事は実は多くない。
単に加齢で起きている骨や神経の変化を画像で患者に示して

「だから状態が悪いんだ」

と思い込ませるのは逆効果だ。慢性腰痛では、深刻に考えすぎて安静にするよりも、
身体を動かしたほうが症状が軽くなる可能性が高いと言っています。

日本でも昨年やっとガイドラインが公開されましたが、
米国と同様、腰痛の原因とされていた画像診断上の病名、

椎間板ヘルニア
脊椎管狭窄症
分離症
すべり症
変形性脊椎症

などが腰痛を引き起こしていないと判明しました。
MRIの画像を見せられて

「ほら、ここが狭くなって神経を圧迫しています」

と言われれば、ここが圧迫されているから症状が出ていると信じざるを得ません。
しかし、椎間板ヘルニアの項のガイドラインにもあるように、
検査でヘルニアや狭窄症などが見つかりますが、症状との因果関係はないとされています。

当院の脊柱管狭窄症の施術方針

腰検査 立位

当院では脊柱管狭窄症は、症状的には歩行により
症状が出現してしゃがむと軽減する事から、
「伸展障害タイプ」
と分類しています。

狭窄症と病名がつかない方で同じような症状の患者さんは多く、伸展障害タイプの施術でほとんどの方の症状が
改善され歩けるようになります。高齢の方でも一緒です。

腰痛についてはこちらで詳しく説明していますので、
ご興味のある方はご一緒にお読みください。


当院が考える狭窄症の症状の原因と施術法は、

①骨盤の関節の、腰を伸ばす方の動きが悪くなり、
立位や直立で歩く事が困難になります。
これは骨盤の歪みを調整して関節が正常に動くようにします。

 

②背骨の腰椎とひどくなるとその上の背骨まで硬くなり、
伸ばす事が困難で立位や直立で歩く事が出来無くなります。
背骨の関節を調整して、背骨が反れるようにして
立位や直立で歩く事が出来るようにします。

 

③背骨を支える筋肉(背筋)にトリガーポイント(筋繊維の硬結・シコリ)が
出来ても筋肉が緊張して硬くなり、背骨を伸ばす事が辛くなります。
ピンポイントで出来るトリガーポイントは、
揉みほぐしたりさすったりするマッサージでは解消出来ません。
丹念に触診してシコリを探し出し、緩める事で症状を改善させます。

狭窄症は一つの原因で起こるというより、これら全てが蓄積して
この様な症状を出すと考えているので、
原因となる全てを調整して症状を改善させます。

症状が激しい場合で日常生活に支障が出ている場合は、
ある程度症状が治まるまでは週2~3回の施術をします。
ある程度生活が楽になれば週1回の施術になり、
症状が安定すれば月1回の治療で状態は安定していきます。

そして大事な事は、日々の生活での注意とメンテナンスにあると思います。
どの様な症状も、始まりは小さな物です。ですが、それが少しずつ
積み重なる事で大きな不具合に繋がっていきます。

逆に考えれば、日頃から身体にとって良い習慣を積み重ねていけば、
それだけ健康で元気な生活が過ごせるという事に繋がっていきます。

湘南カイロでは施術を行うだけでなく、自分で簡単にできる
セルフケアを患者さん一人一人にお伝えできます。
月に1回のメンテナンスとあなたができる限りの範囲でのセルフケアを
少しずつ習慣にして、元気な身体を維持していきましょう。

病院にいってもよくならない。身体を根本から改善したい、
薬や手術は怖くて嫌だと感じている方は是非ご相談下さい。

脊柱管狭窄症で来院された患者さんの声

当院に脊柱管狭窄症で来院された患者さんに頂いた感想をご紹介します。

同じように脊柱管狭窄症でお困りの方の参考になれば幸いです。

お気軽にご連絡ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ