逆流性食道炎

胃痛 女性

はじめまして、湘南カイロ平塚治療室院長の高木です。
湘南カイロ平塚治療室には様々な症状の方が来院されています。
私自身12年の臨床経験で、多くの患者さんと接する機会がありました。

「どこに行けば自分の症状や痛みがよくなるかわからない」


あなたの悩みの解決する手助けになればと思い、今回は【逆流性食道炎】でお悩みの方に向けて、当院の治療方針について少し説明させていただきます。
お困りの方は是非お読み下さい。

逆流性食道炎とは

なんとなく胃の調子が悪い……

そう思って、病院にいくと多くの方が診断されるのがこの、

「逆流性食道炎」

です。慢性胃炎やストレス性胃炎と共に診断される事もあります。
食欲はあるのに、食べた後気持ちが悪い……。
毎日の生活が疲れてしまいますよね。

そもそも逆流性食道炎とは、胃酸や十二指腸液が、
食道に逆流する事で食道の粘膜を刺激し、
粘膜にびらん(表面がただれる状態)や炎症を引きおこす疾患名です。

主な症状は、

胸焼け
みぞおち・上胸部痛
食事中・食後、横になる・前屈する時に、喉や口に胃酸が逆流する
胸部違和感・不快感
喉の違和感・声のかすれ
腹部膨満感
嘔吐・多くは過度のげっぷを伴います。
流涎(よだれを流す事)
食物による食道痛
就寝中逆流物の気道への誤嚥(気道に異物が侵入する)による呼吸器症状

など実に様々です。どれか一つでもあれば嫌なのに、
同時に複数起きる事がほとんどです。
この逆流性食道炎の原因は、一体何なのでしょうか。

つらい逆流性食道炎、原因は……

原因として考えれる要因も様々で、

過飲過食
喫煙
飲酒
食道下部括約筋(締める筋肉)の喫煙や加齢による機能低下
食道裂孔ヘルニア
妊娠・肥満・便秘・運動による腹圧の上昇
消化不良
ストレス

と、疑わしいものがこんなにもあります。
気を付ければ減らせるものもありますが、全てがそうはいきません。

では、諦めるしかないのか??

もちろんそうではありません。
解決の為に一つ重要な事がありますので、説明していきます。

当院の逆流性食道炎の施術方針


臓器を働かせている自律神経は、交感神経副交感神経があり、
この2つの神経は正反対の働きをして臓器を働かせています。

交感神経が異常を起こすと、現代医学で言う病名(心筋梗塞・胃潰瘍etc)がつきます。
交感神経は首の下から腰の背骨くらいの間から出ています。

この神経が背骨の歪みが原因で神経の働きが低下して、臓器の不調や症状がでます。
この場合は、臓器の神経が出ている背骨を調整する事で、神経の働きが正常に戻り、
臓器の症状が改善されます。

副交感神経が異常を起こすと、
臓器に症状(動悸・過呼吸・神経性胃炎・過敏性大腸炎etc)は出ますが、
臓器に異常が見当たらず「ストレスが原因です」と言われます。

副交感神経は頚椎の上部(耳の後ろあたり)と
骨盤から出ていて全ての臓器に行っています。

ここに歪みが出来ることで神経の働きが悪くなり症状が出ます。
健康状態ではストレスを感じない場合でも、
ここが歪むとストレスを受けてしまい臓器の働きが悪くなるのです。

胃痛や胸焼けの原因の一つは、
暴飲暴食など胃に直接負担をかけたためにでる場合と、
胃や十二指腸の神経が出ている背骨の部分に歪みがあり、
それで神経の働きが悪くなる事で、胃や十二指腸の不調が起きて症状が出ます。

頚椎を調整して副交感神経系の働きを正常に戻すことで、
動悸・過呼吸・神経性胃炎・過敏性大腸炎などの症状は改善されます。

また、交感神経の場合で、薬を飲んでも胃の症状が一時的にしか
良くならなかったり、慢性的に薬を常用している場合は、
原因が胃ではなく、胆嚢や膵臓にある場合があります。

これは、胆嚢や膵臓の神経が出ている背骨の歪みがある為、
胆汁や膵液の消化酵素の分泌が弱まるため胃に症状がでます。

この場合は、胆嚢や膵臓の背骨を調整する事で、臓器の神経が
正常に働けるようになり、消化酵素の分泌が改善され、胃の症状がなくなります。

これは意外に知られていないケースで、
胆嚢や膵臓の検査をして、異常が出ない場合がほとんどだからです。

胃もそうですが、辛い症状が出ていても、胃カメラで検査しても「

ちょっと赤くなっています、胃炎ですね」

と言われ、お薬が処方されますが、効かない場合が多いのはこのケースです。

逆流性食道炎の場合は、上記の交感神経と副交感神経以外に、
逆流性食道炎の要因にある食道裂孔ヘルニアがあります。

カイロプラクティックの施術にアメリカで開発された
「SOT」というテクニックがあります。

その中の内臓調整法に偽食道裂孔ヘルニアという
施術法があるのですが、これが効果があります。

みぞおちの横隔膜が緊張して胃の入り口が締め付けられて、
胃の働きが悪くなりこの症状を出します。

このSOTテクニックは私が所属している、
「パシフィックアジアカイロプラクティック協会」だけが唯一、
日本で許可を受けている団体なので、カイロや整体院のどこでも
出来る施術ではないのです。

当協会でも、SOTを勉強していない先生方は、この施術は出来ません。

忘れてはいけないのは、胃の筋肉の問題。

胃の筋肉??と思う方も多いと思いますが、
身体の筋肉と同じ様に、胃の筋肉も激しく使う事で硬くなります。

繰り返し使い疲労した胃にはコリが出来てしまい、正常な働きを失います。
内臓を触診し、硬くなった部分を施術する事で筋肉の緊張がなくなり
元通り伸び縮みする健康な胃の状態に戻ります。

病院では、胃酸が出過ぎていれば胃酸過多、出が悪ければ消化不良で、
それぞれ対症療法のお薬が処方されますが、根本的な原因が解決されなければ、
一時的に症状はおさまっても、また再発するか慢性化して、最悪手術となります。

ストレス性の場合は、対症療法のお薬が効かなければ、心療内科を勧められます。
安定剤や抗精神薬……。あなたは胃が痛いだけで、神経症や鬱病ではありません。
どうして心療内科に行かなきゃいけないのでしょう。
病院にかかればこのパターンがあるので注意が必要です。

当院は、原因である背骨の歪みを調整し自律神経の働きを正常にし、
さらに内臓調整法の施術で臓器の働きを改善させ症状が消えます。

症状が激しい場合で日常生活に支障が出ている場合は、
ある程度症状が治まるまでは週2~3回の施術をします。
ある程度生活が楽になれば週1回の施術になり、
症状が安定すれば月1回の治療で状態は安定していきます。

そして大事な事は、日々の生活での注意とメンテナンスにあると思います。
どの様な症状も、始まりは小さな物です。ですが、それが少しずつ
積み重なる事で大きな不具合に繋がっていきます。

逆に考えれば、日頃から身体にとって良い習慣を積み重ねていけば、
それだけ健康で元気な生活が過ごせるという事に繋がっていきます。

湘南カイロでは施術を行うだけでなく、自分で簡単にできる
セルフケアを患者さん一人一人にお伝えできます。
月に1回のメンテナンスとあなたができる限りの範囲でのセルフケアを
少しずつ習慣にして、元気な身体を維持していきましょう。

病院にいってもよくならない。身体を根本から改善したい。
レントゲンを撮っても原因不明と言われた。
薬や手術は怖くて嫌だと感じている方も、是非ご相談下さい。

逆流性食道炎で来院された患者さんの声

当院に逆流性食道炎で来院された患者さんに頂いた感想をご紹介します。

同じように逆流性食道炎でお困りの方の参考になれば幸いです。

お気軽にご連絡ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ