目の疲れ【眼精疲労】

眼精疲労

はじめまして、湘南カイロ平塚治療室院長の高木です。
湘南カイロ平塚治療室には様々な症状の方が来院されています。
私自身12年の臨床経験で、多くの患者さんと接する機会がありました。

「どこに行けば自分の症状や痛みがよくなるかわからない」


あなたの悩みの解決する手助けになればと思い、今回は目の疲れ【眼精疲労】でお悩みの方に向けて、当院の治療方針について少し説明させていただきます。
お困りの方は是非お読み下さい。

はじめに


「最近なんだか、すぐに目が疲れるなぁ……。」
「視力が落ちたかな?ぼやけて見えるな……。」

あなたは思い当たる事がありますか?長時間のデスクワークが多ければ、とても心配になりますよね。単に目の疲れと思い、休むだけで大丈夫だと感じているのなら注意が必要です。

なぜならその目の疲れは後々、様々な症状につながっていくからです。

目の疲れ【眼精疲労】とは


眼精疲労とはその名のとおり、目を使い過ぎる事でおきます。
その症状は様々で、
[眼の症状]

眼の痛み
眼のかすみ
充血
まぶしさ
涙が出る


[全身の症状]

肩こり
頭痛
めまい
吐き気

など、目の問題だけでは留まらないのが眼精疲労の怖いところです。
一見ただの肩こりと思っていても、眼精疲労から来るものであれば
その解決も複雑になっていきます。

ではこの眼精疲労の原因は何でしょうか。

つらい眼精疲労、原因は……。


もちろん長時間のデスクワークでパソコン作業、スマホ画面を見続ける事で
目が疲れる事が大きな原因です。

見続けることで眼に何が起きているか、それを説明していきます。

①レンズの厚みを調整する筋肉の問題

目には「毛様体筋(もうようたいきん)」という、焦点を合わせる筋肉があります。
読書やパソコン・スマホ画面を見続ければ、その筋肉が凝り疲れてしまい
うまく焦点が合わせられなくなります。

そのせいで視界がぼやけてしまうのです。


②目に繋がる神経の問題

目につながる神経は「脳」と「頚椎(けいつい・首の背骨)」から出ています。

脳:頭蓋骨の歪みや頭を覆う筋肉の緊張
頚椎:背骨のずれや首の筋肉の緊張

この二つの神経の働きが悪くなる事で目の働きと目に伝わる治癒力が
うまく働かなくなり、目が疲れやすい状態になってしまいます。


一見、視力低下や加齢によるものだと考えていても、
この様な原因が解決されていないと、せっかく眼鏡やコンタクトレンズの
度数を変えてもすぐにまたぼやけたり症状が出てきてしまいます。

原因は判明しました。あとはそれをどう治療すればいいか。
次に説明していきます。

当院の目の疲れ【眼精疲労】の施術方針


先ほど判明した原因と合わせて、それぞれ説明していきます。

①レンズの厚みを調整する筋肉の問題

レンズの厚みを調整する「毛様体筋」の働きを回復させます。
この筋肉の緊張をとり、神経の働きを悪くしている歪みを調整します。

緊張のなくなった毛様体筋は疲れづらくなり、
正常に働く様になった神経により、疲労回復しやすくなります。



②目に繋がる神経の問題

長時間のデスクワークが日常生活にある場合、その姿勢と疲労により
背骨の歪みや、頭・首・肩・背中の筋肉に緊張ができてしまいます。

この状態が目に繋がる神経の働きを悪くしているので、
背骨の調整と、周辺の筋肉の緊張を緩める事で
元通り神経が働きやすい状態に身体を戻していきます。



この2つの問題が解決すれば同じ様な時間デスクワークを
していても、今までと同じ症状はでなくなり、また休養を取れれば
元の良い状態に戻れるような身体になります。

症状が激しい場合で日常生活に支障が出ている場合は、
ある程度症状が治まるまでは週2~3回の施術をします。
ある程度生活が楽になれば週1回の施術になり、
症状が安定すれば月1回の治療で状態は安定していきます。

そして大事な事は、日々の生活での注意とメンテナンスにあると思います。
どの様な症状も、始まりは小さな物です。ですが、それが少しずつ
積み重なる事で大きな不具合に繋がっていきます。

逆に考えれば、日頃から身体にとって良い習慣を積み重ねていけば、
それだけ健康で元気な生活が過ごせるという事に繋がっていきます。

湘南カイロでは施術を行うだけでなく、自分で簡単にできる
セルフケアを患者さん一人一人にお伝えできます。
月に1回のメンテナンスとあなたができる限りの範囲でのセルフケアを
少しずつ習慣にして、元気な身体を維持していきましょう。

病院にいってもよくならない、薬を飲んでも何して良くならない方はご連絡ください。

目の疲れ【眼精疲労】で来院された患者さんの声

当院に目の疲れ【眼精疲労】で来院された患者さんに頂いた感想をご紹介します。

同じように目の疲れ【眼精疲労】でお困りの方の参考になれば幸いです。

お気軽にご連絡ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ