ストレートネック

ストレートネック

はじめまして、湘南カイロ平塚治療室院長の高木です。
湘南カイロ平塚治療室には様々な症状の方が来院されています。
私自身12年の臨床経験で、多くの患者さんと接する機会がありました。

「どこに行けば自分の症状や痛みがよくなるかわからない」


あなたの悩みの解決する手助けになればと思い、今回は【ストレートネック】でお悩みの方に向けて、当院の治療方針について少し説明させていただきます。
お困りの方は是非お読み下さい。

はじめに

あなたが病院でレントゲンを撮りストレートネックだと言われた時
お困りだった症状はこの中にありますか?

肩こり
首が痛い
首が動かない
上が向くと痛い
頭痛
頚椎症
頚椎ヘルニア
めまい
ふらつき感
吐き気がする
手のしびれが
寝違いを繰り返す
枕が合わない
逆流性食道炎
胸焼け
自律神経失調症、
うつ症状

これは実際に当院に来院された患者さんが訴えた症状です。
そして病院で、

「ストレートネックが原因ですねー。」

と診断され、このストレートネックが原因と言われます。

「じゃあストレートネックの原因は何??」

と思われるでしょう。

まずはストレートネックが起きる部位『頚椎』と言われる、
首の背骨部分の説明をしていきます。

頚椎とは

頚椎は7本の骨が積み重なってます。「前弯カーブ」といって、
横から見て前方に向かって孤を描くカーブがあるのが理想的です。

ところがストレートネックといわれた方の頚椎は、
その名の通りカーブがなく真っ直ぐストレートな頚椎になってしまいます。

その原因は本来正面を向いた状態で前弯カーブしている頚椎ですが、
日常生活はほぼ下向き加減の為、

・頚椎が真っ直ぐになっている
・下を向いている姿勢

この状態が多いので前弯の逆の後弯カーブになっていきます。。

勉強
家事
デスクワーク
編み物
読書
ガーデニング

最近では

ゲーム
スマホ

など考えればキリがありません。

頚椎の関節が硬くなり前弯カーブに戻れなくなりその状態から戻れなくなります。
この状態が様々な不具合に繋がっていき、様々な症状を引き起こします。

ストレートネックの原因はわかりました。ではこの症状の原因は?
原因と施術法の説明をしていきます。

当院が考えるストレートネックが関係する症状の原因と施術方針

上記の姿勢が続くことによって、筋肉はこの姿勢で緊張し硬くなります。
その姿勢で最初に出るのは首・肩こりでしょう。この時点なら、
「休息」「入浴」「睡眠」などであくる日には症状は改善されています。
もう少し硬くなってもまだストレッチや揉む・叩く、マッサージやハリでも改善します。

しかし負担がかかり続ければ、ありとあらゆる症状が出てしまいます。
そしてそれにはいくつかの原因と独自の調整法があります。

①トリガーポイント
これ以上硬くなると筋肉のこりではおさまらず、
筋肉にトリガーポイントという硬いシコリができてしまい、
このシコリが痛みやシビレ、首の動きを悪くしてなどの諸症状の原因になります。

——

②筋膜
筋肉は筋膜で覆われています。緊張して硬くなった筋肉が
慢性化すると筋膜も硬くなってしまいます。筋膜が硬くなるとどうなるかでしょう。

例えば、きついジャケットを着て1日過ごしたと考えて下さい。
窮屈で動きにくく肩がこり、居心地が悪くイライラして
一時も早く脱ぎたくなりますよね。

筋膜が硬くなると身体を動かす時などに関節の動きを妨げ、痛みや動きを制限します。
これが収縮性のあるジャケットだったらどうでしょう。そうです、動きやすく疲れませんよね。
これが正常な筋膜です。

—–

③皮膚
皮膚が原因?と思われる方がほとんどだと思いますが、
意外に多くの症状の原因なのです。筋膜は何年も前から
その調整法を独自に開発し臨床で効果をあげてきました。

その開発過程で、筋膜のさらに上にある皮膚が原因で症状が出ることを突き止めました。
皮膚も原因としては筋膜と同じように、動きが悪くなることで症状がでます。

皮膚と筋膜との違いを説明します。

筋肉は単体の筋がそれぞれ動きます。筋膜はそれらの筋肉を覆っていますが、
筋膜同士はつながっていて、サーフィンのウエットスーツの様に全身がつながっています。

ところが皮膚は手首や肘の関節を動かした時にできるシワを境に
近づいたり離れたりする動きに法則性があります。
筋膜は動きのない方向に調整しますが、皮膚は症状により
それぞれの関節の動きによって調整する方向が異なります。
首の症状だけでなく全身の症状に皮膚の動きが原因で起きているものが多いのです

—-

④頚椎の関節

頚椎の関節が動きが悪くなったりロックしてしまうと、コリや痛み、
首を動かした時の動きの悪さや痛みの原因だけだはなく、
シビレや頭痛、めまいなどの症状の原因になります。

頚椎が原因ならロックしている関節を調整して、
頚椎の動きを回復することでこれらの症状が改善されます。

当院では、少なくともこれらの4つのどれか、もしくは複数が関係して、
ストレートネックによる症状が起きていると考えています。

実際は、これ以外の原因もあり当院では症状の根本原因を探し出し施術をします。
ストレートネックの症状でお悩みの方、健康を取り戻し
幸せな日々が送れるよう1日も早い施術をおすすめします。

症状が激しい場合で日常生活に支障が出ている場合は、
ある程度症状が治まるまでは週2~3回の施術をします。
ある程度生活が楽になれば週1回の施術になり、
症状が安定すれば月1回の治療で状態は安定していきます。

そして大事な事は、日々の生活での注意とメンテナンスにあると思います。
どの様な症状も、始まりは小さな物です。ですが、それが少しずつ
積み重なる事で大きな不具合に繋がっていきます。

逆に考えれば、日頃から身体にとって良い習慣を積み重ねていけば、
それだけ健康で元気な生活が過ごせるという事に繋がっていきます。

湘南カイロでは施術を行うだけでなく、自分で簡単にできる
セルフケアを患者さん一人一人にお伝えできます。
月に1回のメンテナンスとあなたができる限りの範囲でのセルフケアを
少しずつ習慣にして、元気な身体を維持していきましょう。

病院にいってもよくならない。身体を根本から改善したい。
レントゲンを撮っても原因不明と言われた。
薬を飲み続けながら時期が来るまで待たず、是非ご相談下さい。

ストレートネックで来院された患者さんの声

当院にストレートネックで来院された患者さんに頂いた感想をご紹介します。

同じようにストレートネックでお困りの方の参考になれば幸いです。

お気軽にご連絡ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ